公益財団法人 泉美術館 | IZUMI MUSEUM OF ART

写真の説明を入れます

特別展これまでの展覧会

終了画家の愛した動物たち
   
画家の愛した動物たち
   
画家の愛した動物たち
   
  ダウンロードフライヤー 
   
日本の近現代美術において、猫や犬、鳥や昆虫などの動物(生き物)たちは、愛情や親しみ
を感じる身近な存在としてだけでなく、動きや表情を観察する対象として、ときには美や
生命の象徴として、そして、画家自身を投影する存在としても描かれました。
本展では、藤田嗣治や熊谷守一をはじめ、時代を代表する画家たちによる豊かな動物表現と、
その魅力をご紹介します。
   
会期: 2019年04月25日(木)~ 06月02日(日)
会場: 泉美術館 第1展示室
開館時間: 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日: 月曜日 (※但し、4月29日(月祝)、5月6日(月祝)は開館)
入場料: 一般:500円 / 学生:250円 / 中学生以下:無料
主催: 公益財団法人泉美術館、中国新聞社
後援: 広島県教育委員会、広島市、広島市教育委員会、NHK広島放送局
中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島
広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz
   
関連催事のご案内
   
ミュージアムコンサート
   
  ダウンロードフライヤー 
終了ミュージアムコンサート ~動物のいたアトリエから~
泉美術館特別展「画家の愛した動物たち」の開催イベントとして、
ミュージアムコンサート ~動物のいたアトリエから~ を開催いたします。
洋画家熊谷守一の演奏していた音楽や、藤田嗣治がパリ時代に出会った作曲家たちの作品、動物たちの愛らしい動きや仕草をイメージした楽曲からなるプログラムをお届けします。
日時: 2019年4月27日(土)  14:00~15:00
会場: 泉美術館
出演: 加藤 和也(サクソフォン)、吉野 妙(ピアノ)
プログラム: D.ミヨー / 《スカラムージュ》より 第一楽章 ヴィフ
M.ラヴェル / 《クーブランの墓》より メヌエット
E.サティ / 《右と左に見えるもの(眼鏡なしで)》
R.シューマン / 《子供の情景 op.15》より トロイメライ
T.アウリン / 《4つの水彩画》より ユーモレスク
※参加無料・予約不要(要入館券)
   
   
   
ワークショップ「形からどうぶつ」|「ねこむら・とりむら・みんなせかい」 
   
  ダウンロードフライヤー 
終了ワークショップ 「形からどうぶつ」
紙の上に偶然できた絵の具の形から、動物を見つけて描いてみましょう。
日時: 2019年5月11日(土)  14:00~16:00
対象: 小学1~4年生
定員: 10名
会場: 泉美術館
講師: 青原 恒紗子(美術作家、本展ゲストキュレーター)
※定員に達したため、お申込を締め切らせていただきました。
参加申し込み ワークショップへのご参加は、当館までお電話(082-276-2600
またはメール(info@izumi-museum.jpにてお申込みください。
その際、『参加者氏名、年齢、電話番号』をお伝えください。
終了ワークショップ 「ねこむら・とりむら・みんなせかい」
プラスチックダンボールにクレヨン、絵の具、布、ボタンなどを使って
好きな猫や鳥を作ります。
みんなで作った作品を集めて、楽しい動物の世界をつくりましょう。
日時: 2019年5月18日(土)  14:00~16:00
対象: 小学生
定員: 20名
会場: 泉美術館
講師: 松尾 真由美(美術作家・芸術士)
※ワークショップ終了につき、お申込は締め切らせていただきました。
参加申し込み ワークショップへのご参加は、当館までお電話(082-276-2600
またはメール(info@izumi-museum.jpにてお申込みください。
その際、『参加者氏名、年齢、電話番号』をお伝えください。
   
   
終了学芸員による展示解説
日時: 2019年 ①4月29日(月・祝) ②5月6日(月・休) ③5月12日(日)
     ④5月26日(日)   ⑤6月1日(土)
※全日 14:00~(約30分)
※参加無料・予約不要(要入館券)
   
   

<< 前のページに戻る